☆小遣い稼ぎサイトを作るなら

小遣い稼ぎサイトを作るのに、役に立つ情報を集めています。



私もそうですが、アフィリエイト参入後発組であるほど、
これから伸びていく市場で勝負していくべきだと思いませんか?

私は例えばこれです。
興味を感じたら、クリックしてみてください! ↓↓




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高校生の小遣い事情

高校生の小遣いは

意外と少ないらしい。
一カ月の小遣いは「五千円以下」と、「バイトしてるのでもらっていない」を加えると7割にも達するそうだ。
普段の高校生のイメージとはかけ離れた結果が出ている。

小遣いの額については

全体の4割が満足しているとのこと。


今ごろの高校生は派手に見える。
一万円ぐらいはもらっているのではと、もっとリッチなイメージを抱いていた。

「小遣いの使い道」も、

「友達と遊ぶ」が一番多く、次いで「友達との外食」、「服飾代」と続く。
男女別に見ても、若干順位が入れ替わるもののベスト3は変わらないらしい。
大学生とほぼ同じ感覚だ。

テーマ:お小遣い稼ぎ - ジャンル:アフィリエイト

  1. 2008/09/07(日) 01:05:12|
  2. 未分類

テキストサイトはもうあまり見かけない

☆この記事は、「テキストサイトとフォントいじり」から引用させていただいています。


かつて、「侍魂」には笑わせてもらいました。


   _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

昔、ネット上に

テキストサイトが

隆盛を誇っていた時代がありました。
サイトのデザインも今のように洗練されておらず、本当に文字の修飾と改行だけでサイトが成り立っていた時代です。

人気だったテキストサイトとしては

「侍魂」などがありますが、じつは見たことがありません。
ただ、有名でないところでも、似たようなことをやっていて

面白かったサイトは、

少なくなかったんですよね。
特にまだネットがここまで一般に広がっていなかった時代ですから、それこそいろんな人が狭い世界ながら面白さを追求していろいろなことをやっていたわけです。
俗にいう「フォントいじり」を多用していたサイト。
いつの間にか「フォントいじりは見づらい、中二病だ」という風潮が広がって、今ではそれを見るのすら珍しいことになってしまいましたが。


その頃に流行り出していたのが、レンタル日記です。
レンタルといっても無料で、企業が日記スペースを貸し出してそこで日記を書くという類のものです。
いまやはてな村と言われるはてなダイアリーだって、もともとはこれだったのです。
このころはこれがメインというわけではなく、「こういう日記が別にあったらかっこいいんじゃないの」というノリでやっていた人が多かったような気がします。


ブログが現れたのが、2004年でしょうか。
僕は、ブログもレンタル日記の延長線上だと考えていました。
正直言えば、システムとしては同じなんですよね、見た目が違うだけで。
「CGI日記」というのを体裁を整えて「ブログ」と言い直した、といった方が適切かもしれません。
そもそもブログとは「weblog」、ウェブ上に残しておくログという意味合いです。
だからよく言われる「トラックバックがあるからないから」というのはちょっとブログの定義とは違うのですよ。
だから、レンタル日記の亜種でしかないと思っていたものがここまで広がった時は、驚きましたね。

ブログの流行と同時に、テキストサイトなどの「タグ打ち」サイトが廃れていきました。
ブログは更新が圧倒的に楽だからです。
ただ、サイトの面白さって、どうしてもかけた時間に比例するところがあるのです。
楽な分更新時間が減り、質の低下というのも兆候が見えだした時代でした。(サイトがブログ化するとネタが面白くなくなり、管理人が更新をさぼり出す、ということが法則のように言われていた)


いま、フォントいじりをしている

サイトは

極端に少ないです。
ほとんどが標準サイズか小さいサイズのまま、文章を打ち込んでいる感じがあります。
もしかすると、フォントいじりの方法が分からない人もいるかもしれませんね。


よく見かける「長文だとすぐにウインドウを閉じてしまう」というのは、文章を読む力がないのでもサボっているのでもなく、文章にインパクトや面白さがないだけなのです。
昔の時代のテキストでは、キーワードのフォントをでかくして色を変えることである程度の概要がつかめたんです。
それと比べると、今のテキストはどこをどう読んだらいいか分からないという文章が、正直多いですよね。
その代わりに出てきたのは、特に漫画系で見られる「画像」というインパクトを用いて記事を作る人たち。
フォントいじりが画像にとってかわったのかもしれないなあと思ったりもします。


最近ちょっと見かけた

「今はサイトが重い」

という話。
そりゃ重いです、デザインの高度化により企業サイト並に画像を使うサイトやいろいろなシステムを組み込むところが増えてきたのですから。
かつては画像を使ったサイトは開くのが遅い上に重いので敬遠されていたのが、今では普通になりましたね。

このサイトも、

かつては「ガッチガチなTABLEは重くなる」と言われたTABLEタグを基調に組み上げていますが、それでもうちより重いサイトってかなりあるのではないでしょうか。


ここまで成熟したネット社会。
この期に及んであえてフォントをいじってみるのも面白いかもと思いました。




<引用元>

http://hakanayuki.sakura.ne.jp/c017.html

テーマ:アフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト

  1. 2008/09/04(木) 20:27:37|
  2. 未分類

夫の小遣いを考える

☆この記事は、「夫の小遣いを考える◆夫の小遣いはいくら?」から引用させていただいています。




共働き夫婦のみなさん、

旦那さんのお小遣い

はおいくらですか?
 
 このホームページの「夫婦の財布は1つ?別々?」
 
 の内容とも関連しますが、夫婦のお財布を1つにしているのでならば
 

お小遣いは

毎月いくらと設定されている方が多いことと思います。


 
 我が家はというと、
 
 「日本の夫の小遣いの平均額程度(予想)」と思われます。
 
 平均っていくら?と思われた方、検索エンジンで
 
 「夫 小遣い 平均」
 
 などとキーワードを入れて検索してみてください。
 
 非常にたくさんの情報が得られます。
 
 なお、それらの情報によると、

日本の旦那さまのお小遣いは


 
 バブル期と比べると、平均がかなり低い水準にあるようです。
  
 一般的に夫のお小遣いは、共働き夫婦に限らず、
 
 月収の1割を目安にするといいという話をどこかで聞いたことがあります。
 
 よって我が家の旦那様のお小遣いは、それを採用しています。
 
 

そのお小遣いには

何が含まれるかというと
 
 ①飲み会代(会社のつきあいの場合は別途わたすときもある)  ②お茶代   
 
 ③お弁当を持っていけなかった時のランチ代  ④電車の中で読む本代 
 
 などが主な項目です。
      
   
 我が家の夫はタバコを吸わないので、       

 タバコ代が不要である点はかなり良いと思います。
 
 タバコを吸う旦那さんだと、

 さらにタバコ代もかかりますが、
 
 昔と比較するとタバコも価格が高くなってきたので、

 かなりお小遣いを圧迫することになるでしょう。
 
 私の知り合いの中には、

 奥さんはお酒を飲まないために
 
 夕飯のときに飲むビールでさえも

 タバコと同じ嗜好品であるとみなして

 

夫のお小遣いから

出している夫婦もいるみたいです。



 話を我が家へ戻すと、我が家の夫の話を聞くと

 「②お茶代」が結構かかっているようです。
 
 ③はほとんどお弁当を持って行くのでたまにかかるのみなのですが、

 仕事柄、喫茶店で話を打ち合わせしたりすることが多いようで
 
 「②お茶代」の出費は半分は仕方がない状況となっているようです。
 
 そんな夫を見て、少しでも、お小遣いを多く残せたほうが良いだろうと、

 私は、夫のお弁当と一緒にスリムな水筒を入れています。
 
 中には冷たいお茶が入っています。

 ほとんど飲んでいないときもあるけれど、いつでも冷たいお茶が飲めるので

 喫茶店以外でペットボトルのお茶を買うことがなくなったと言って喜んでいました。
 
 ちなみに水筒は、お茶をフタに出して飲むタイプではなく、

 ワンタッチでフタを開けて、すぐにゴクゴク飲めて見た目もかっこいいタイプのものです。

 水筒っていうと、ちびちび出して飲む姿が何だかかっこよくないなー。

 っと思ってた夫も、これなら満足しているようです。
 
 また、④の本代も小説などは、

 BOOK OFFなどをちょこちょこ利用するようになったようで

 決められた範囲に納めようと、努めてくれているようです。

 ①の飲み会代は、頻度にもよりますが、友人との飲み会ではなく、

 会社の飲み会が多くて足りそうにないときは、援助することにしています。

 働いていれば、付き合いもあるということは、働いている私も理解できるので、

 そこはあまりしめすぎないように気をつけています。

 共働きしてると、妻の方も会社の付き合いで飲みに行くこともありますし、

 そういった付き合いも大切に、つながりを大切に共働きを続けたいと思うので

 そこは仕方のない点でもあります。



<引用元>

http://tmbt.net/ottokodukai.html

テーマ:お小遣い稼ぎの厳選サイト! - ジャンル:アフィリエイト

  1. 2008/09/04(木) 19:46:15|
  2. 未分類

稼ぎたい! と思ったから

☆この記事は、「稼ぎたい! と思ったから」から引用させていただいています。



稼ぎたい! と思ったから



和田 私も、

お金を稼ぎたい

じゃないですか。でも、お給料を上げる方法って見つからないんですよ。そのときに考えたのが、私、お金持ちと結婚しようと思ったんですよ(笑)。

佐々木 私は考えなかった(笑)!

和田 考えなかったですか(笑)。お金持ちと結婚するか、水商売に行くか、営業職に行くっていう……。私、水商売は3日間くらい行ったんですけど、逃げたんですよ。合わなくって。なんか、競争が激しいでしょ。競争が激しいんですよ、結構。体育系みたいな。女性の中での競争の激しい世界って、会社の中でもいろいろあるけど、特に競争が激しい世界ですから、気が弱いとダメなんですよ。

佐々木 そうなんですか。

和田 言いたいことを言わなきゃダメだし、でも私は気が弱いからダメで。それで辞めて、消去法で残ったのが営業。

佐々木 消去法とは、思わなかった。それで、

稼ぎたい、という気持ちが

強かったとはわかったのですが、いやだなっていう雰囲気でなぜ続けられたんですか? 「もしかしたらここは平等で、私にもチャンスがあるかもしれない」と思ったから?「あいつは普通だな」と思った人が

稼ぎ始めた

のを見たとか?

和田 そうですね。説明を聞いているときに、「いいことするんだよ」とかって聞いて。単純だから、「あ、いいことするんだ」って思ったんです。もうひとつは、お客さんが喜んで英会話に通っている姿とかを見ると、これはいいことしてるのかなというのがあって。

最初のお客さんに会ったら、その方がすごく喜んでくださって、「背中を押してくれてありがとう」っておっしゃってくださったのが、やっぱりきっかけというか。

佐々木 でも、消去法と「いいことなんだ」という2つのきっかけから世界第2位の売り上げは、嬉しい事例ってことなんですが、世界第2位というのは個人の営業としてですよね。 142支社中2位というのも書いてあったと思うけど……。




<引用元>

http://www.ewoman.co.jp/winwin/52wh/03.html

テーマ:稼ぐぞ! アフィリエイトプログラム - ジャンル:アフィリエイト

  1. 2008/09/03(水) 19:29:55|
  2. 未分類

生と死を問うサイトから

☆この記事は、「時間と言葉 広大無辺な草原を流離うあなたへ」から引用させていただいています。




 世間で幸福だといわれていることに、幸せを感じられない人たちはどうやって生きていけばいいのだろう。人は、幸福を求めずには生きてはいけない。しかし、日常からかけ離れたところでなければ、幸福を感じられない人だっているはず。ご馳走を食べること、異性に触れること、際限なく惰眠をむさぼる、といった三大欲に根ざされたこと意外にも、極論すればすべてを投げ出すことさえ幸福になりえる。悟り、薬物による神秘体験、ときに自らが朽ちていくことさえも。人は、うつろな幸福を求めずにはいられない。


 季節の流れとともに環境は変化していくものですが、それでも人は変化に慣れるものです。2003年の春頃から騒がれていた、練炭自殺も、いまではありふれた事件になりました。虚無的に過ぎるかもしれませんが、テレビや新聞などのメディアを通して悲惨な事件や事故を見ても、それは“外の出来事”。

 はじめは異常だと考えられていた事態も、継続されると正常な出来事として扱われるように、

自殺のサイトも、

現在ではしようがないものとされつつ、ある程度世間に認知されているようです。なぜなら、人は直接自己のインセンティブへの因果が証明されない問題については、継続した関心をあらわさず、否定することもすくない。たとえばアメリカのウォルマートで銃弾が売られていても、ほとんどの日本人は気に留めません。そんなことより、むしろ年金の保険料の値上げなんかに関心をあらわす人のほうが多いはず。

 この生や死を含む

自殺系サイトに関する問題が

普遍的な意味で、万人に相関している点は、誰でもいつかは死ぬということぐらいです。人間の死亡率は100%といわれても、ほとんどの人はピンとこないかもしれない。こういった言葉の意味にとらわれる人はすくないと思います。だから、私はこのサイトをゲットー化しました。これが、

このサイトを、

2006年秋季にリニューアルした理由です。

 管理人自身、

自殺系サイトに来てから、

けっこう時間が経ちましたが、自殺問題というセンシティブな空間の中で、人間が何を感じ、どのような行動をとるのかを見つめてきました。文字に変換された言葉で、ダイレクトに本音が話せるコミュニティでは、自己犠牲を含む人間愛や無償の親切が見られます。いまでも私は、自殺系サイト界隈を散歩者として徘徊しているのですが、それは不道徳な性質を含んでいながらも、現実の世界より誠実な関係が存在している点などに惹かれているからだと思います。

 そして自分が自殺系コミュニティに頻繁に参加していた時期には、何でもないと思っていたことが、大切だと感じるようになりました。しかし、月日の経過は残酷で、自殺系サイトに出入りし、そこで知り合った人たちと、どのような話をし、何を感じていたのかさえ、徐々に忘れつつあります。

 かなしいことにひとつのものを慈しみ続けることは難しいものです。生きるということを、言い換るならば、それは新しいものを得るということです。そして新しいものを得るということは、古いものを捨て去ることでもあります。だからこそ、人には、忘れ去ったことさえ忘れ去ってしまう、永遠ならざる時間を過ごすが故の苦があります。それはひいた波が、また岸辺に打ち寄せるような単純なうごきではなく、常に変動していく時の中を過ぎいる混沌としたかなしみです。

 記憶は忘れ去られ、環境は変化していくものですが、それでも大切な思い出はしばらく残ります。たとえば、自分を見失い、あてもなくインターネットの世界を漂っていた時。窓を覗くと、何時の間にか夜が明けていて、虚ろな朝日が精神をさわやかにしてくれたことを。たとえば、孤独に打ちひしがれている時。誰かのさりげない言葉に救われたことを。『ああ、あの時の私は、かなしみを感じていたけれども、誰かに慰められていたのだな』というように。

 もしあなたが嘗ての私のように、自分の心の隙間を埋めてくれるもの探して、この場所を漂っているのなら、その精神にやすらかな時間が流れることを願っています。それは、あなたが困難な状況にあるかどうかに拘わらず、普通の人と見ているものや感じていることが異なるかどうかに拘わらずにです。そして、救われるきっかけを見つけることができたなら、どんなかたちでも構いませんので今度はあなたが悩んでいる人の話相手になってあげてください。これは普遍的な真理ですが、与えれば与えた分だけ自分にかえってくるものです。


 最後になりますが、いつもご支援してくださっている利用者のみなさん、ありがとうございます。このサイトにリンクを張ってくださっているみなさん、ありがとうございます。そのほかにもこのサイトについて、真摯なアドバイスをくださっているみなさん、ありがとうございます。この場でみなさんへ、本心から感謝をささげます。




<引用元>

http://www.cotodama.org/jikantocotoba.htm

テーマ:お小遣い稼ぎ - ジャンル:アフィリエイト

  1. 2008/09/01(月) 18:25:57|
  2. 未分類
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。