生と死を問うサイトから☆小遣い稼ぎサイトを作るなら

小遣い稼ぎサイトを作るのに、役に立つ情報を集めています。



私もそうですが、アフィリエイト参入後発組であるほど、
これから伸びていく市場で勝負していくべきだと思いませんか?

私は例えばこれです。
興味を感じたら、クリックしてみてください! ↓↓




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生と死を問うサイトから

☆この記事は、「時間と言葉 広大無辺な草原を流離うあなたへ」から引用させていただいています。




 世間で幸福だといわれていることに、幸せを感じられない人たちはどうやって生きていけばいいのだろう。人は、幸福を求めずには生きてはいけない。しかし、日常からかけ離れたところでなければ、幸福を感じられない人だっているはず。ご馳走を食べること、異性に触れること、際限なく惰眠をむさぼる、といった三大欲に根ざされたこと意外にも、極論すればすべてを投げ出すことさえ幸福になりえる。悟り、薬物による神秘体験、ときに自らが朽ちていくことさえも。人は、うつろな幸福を求めずにはいられない。


 季節の流れとともに環境は変化していくものですが、それでも人は変化に慣れるものです。2003年の春頃から騒がれていた、練炭自殺も、いまではありふれた事件になりました。虚無的に過ぎるかもしれませんが、テレビや新聞などのメディアを通して悲惨な事件や事故を見ても、それは“外の出来事”。

 はじめは異常だと考えられていた事態も、継続されると正常な出来事として扱われるように、

自殺のサイトも、

現在ではしようがないものとされつつ、ある程度世間に認知されているようです。なぜなら、人は直接自己のインセンティブへの因果が証明されない問題については、継続した関心をあらわさず、否定することもすくない。たとえばアメリカのウォルマートで銃弾が売られていても、ほとんどの日本人は気に留めません。そんなことより、むしろ年金の保険料の値上げなんかに関心をあらわす人のほうが多いはず。

 この生や死を含む

自殺系サイトに関する問題が

普遍的な意味で、万人に相関している点は、誰でもいつかは死ぬということぐらいです。人間の死亡率は100%といわれても、ほとんどの人はピンとこないかもしれない。こういった言葉の意味にとらわれる人はすくないと思います。だから、私はこのサイトをゲットー化しました。これが、

このサイトを、

2006年秋季にリニューアルした理由です。

 管理人自身、

自殺系サイトに来てから、

けっこう時間が経ちましたが、自殺問題というセンシティブな空間の中で、人間が何を感じ、どのような行動をとるのかを見つめてきました。文字に変換された言葉で、ダイレクトに本音が話せるコミュニティでは、自己犠牲を含む人間愛や無償の親切が見られます。いまでも私は、自殺系サイト界隈を散歩者として徘徊しているのですが、それは不道徳な性質を含んでいながらも、現実の世界より誠実な関係が存在している点などに惹かれているからだと思います。

 そして自分が自殺系コミュニティに頻繁に参加していた時期には、何でもないと思っていたことが、大切だと感じるようになりました。しかし、月日の経過は残酷で、自殺系サイトに出入りし、そこで知り合った人たちと、どのような話をし、何を感じていたのかさえ、徐々に忘れつつあります。

 かなしいことにひとつのものを慈しみ続けることは難しいものです。生きるということを、言い換るならば、それは新しいものを得るということです。そして新しいものを得るということは、古いものを捨て去ることでもあります。だからこそ、人には、忘れ去ったことさえ忘れ去ってしまう、永遠ならざる時間を過ごすが故の苦があります。それはひいた波が、また岸辺に打ち寄せるような単純なうごきではなく、常に変動していく時の中を過ぎいる混沌としたかなしみです。

 記憶は忘れ去られ、環境は変化していくものですが、それでも大切な思い出はしばらく残ります。たとえば、自分を見失い、あてもなくインターネットの世界を漂っていた時。窓を覗くと、何時の間にか夜が明けていて、虚ろな朝日が精神をさわやかにしてくれたことを。たとえば、孤独に打ちひしがれている時。誰かのさりげない言葉に救われたことを。『ああ、あの時の私は、かなしみを感じていたけれども、誰かに慰められていたのだな』というように。

 もしあなたが嘗ての私のように、自分の心の隙間を埋めてくれるもの探して、この場所を漂っているのなら、その精神にやすらかな時間が流れることを願っています。それは、あなたが困難な状況にあるかどうかに拘わらず、普通の人と見ているものや感じていることが異なるかどうかに拘わらずにです。そして、救われるきっかけを見つけることができたなら、どんなかたちでも構いませんので今度はあなたが悩んでいる人の話相手になってあげてください。これは普遍的な真理ですが、与えれば与えた分だけ自分にかえってくるものです。


 最後になりますが、いつもご支援してくださっている利用者のみなさん、ありがとうございます。このサイトにリンクを張ってくださっているみなさん、ありがとうございます。そのほかにもこのサイトについて、真摯なアドバイスをくださっているみなさん、ありがとうございます。この場でみなさんへ、本心から感謝をささげます。




<引用元>

http://www.cotodama.org/jikantocotoba.htm
スポンサーサイト

テーマ:お小遣い稼ぎ - ジャンル:アフィリエイト

  1. 2008/09/01(月) 18:25:57|
  2. 未分類

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。