サラリーマンの小遣い事情☆小遣い稼ぎサイトを作るなら

小遣い稼ぎサイトを作るのに、役に立つ情報を集めています。



私もそうですが、アフィリエイト参入後発組であるほど、
これから伸びていく市場で勝負していくべきだと思いませんか?

私は例えばこれです。
興味を感じたら、クリックしてみてください! ↓↓




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サラリーマンの小遣い事情

☆この記事は、「コラム:vol_45 サラリーマンの小遣い事情 –食品産業新聞社–」から引用させていただいています。



少子高齢化に加え、若者のアルコール離れの影響もあって酒類の総需要は、減少傾向に歯止めがかからないが、さらに需要減、低価格志向が進みそうなアンケート結果が発表された。



それは、サラリーマンの

毎月の小遣い

が前年比2500円ダウンしたというもの。米ゼネラル・エレクトリック(GE)の子会社で個人向け金融サービス事業を展開するGEコンシューマー・ファイナンス(東京)が毎年発表している

「サラリーマンの小遣い調査」

によると、平均額が4年ぶりに減少したことが明らかになった。



小遣いの減少

で昼食代も平均で570円と昨年より20円ダウンしている。同社では「景気の先行き不透明感の広がりや物価上昇に対して生活防衛意識の高まりが影響したもの」と分析している。また、「この先、物価が上昇するとしたら、あなたの生活にどのような影響があると思いますか」の問いに対して、最も多かった回答は、「外食費が減る(昼食代、飲み代を含む)」というもので、今後昼食代をはじめとする外食費については、しばらく節約ムードが続くかもしれないと予想している。



会社帰りに仲間と「ちょっと一杯」の回数が減り、家庭では生活防衛意識の高まりから「少しでも安いものを」などで、アルコール需要の減少傾向と低価格化の流れを加速させかねない。

サラリーマンの小遣い事情

を乾杯とともに吹き飛ばすようなビッグな新製品が提案がまたれる。(6/23)


<引用元>

http://www.ssnp.co.jp/column/45.php
スポンサーサイト
  1. 2008/08/28(木) 20:10:29|
  2. 未分類

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。